終活に伝えたい想いを動画に残すことの意味|プロポーズムービー・バースデームービー・終活ムービー・結婚式余興ムービー・その他ムービー制作のことは大阪の映像制作会社ORDERMADE(オーダーメイド)へ

0669919224

結婚式ムービー・終活ムービーは大阪のオーダーメイド

動画情報ブログ

終活に伝えたい想いを動画に残すことの意味

2019.06.21

終活

必ず誰にでも訪れる最期の時に、

伝えたい想いを残さなくて大丈夫ですか?

誰もがみんな最期の時を大切な家族に見守られながら

亡くなっていくわけではありません。

今回は終活動画を残す意味をお伝え致します。

終活で伝えたい想いを動画に残さなかった場合

終活を始めて生前整理をしたり、お墓を決めたり

身の回りのことは皆さん行われるのですが、

一番大切なことを忘れています。

それは、「大切な家族へ伝えたい想いを残す」ことです。

伝えたい想いを残さなかった場合、

・亡くなった方からの最期の言葉が欲しかった

・どんな人生だったのか知りたかった

・寂しくなった時に映像の中だけでも動いている姿を見たかった

など、後から後悔します。

めんどくさくても照れくさくても動画に残す

よく動画に大切な家族へ伝えたい想いを動画に残すのは、

「照れくさいからいいよ」と言われる方がいます。

しかし、残された家族は心に穴でも空いたかのように、

とても悲しくて悲しくてたまりません。

そんな想いをさせない為にも、

動画に残してみてはいかがでしょうか?

動画はかしこまって撮影しなくても大丈夫

何気ない日常の中で、想いを口にされてもいいです。

自分なりの表現方法で、残すことが大切だと思います。

実際私の父が亡くなった時、

短い動画が一つしかありませんでした。

しかも、何気ない日常のワンシーンでした。

写真はたくさんあったんですけど、

やっぱり動いている父の姿をいっぱい残しておきたかったです。

叶うなら、父から家族へ向けたメッセージも

撮影して残しておきたかったと思っています。

終活ムービーというもの

終活ムービーでは、生い立ちを語ったり、

そこに思い出の写真も映し出すこともできます。

動画の終盤になるにつれて、これまでの人生を振り返り、

大切な人へメッセージを伝え、動画を締めくくります。

終活を行うにあたって、

やっぱり気がかりなのは残された家族の人生だと思います。

私の父親も最後は子供たちの人生を心配しておりました。

まだまだ長生きする!してほしいという想いから、

動画を残すということは考えもしませんでした。

大切な人が亡くなってから気付く前に、元気なうちに元気な姿を残すことで

残された家族はいつでも見たいときに寂しくなった時に見ることができます。

終活を始める際に優先する⑤つのこと

まとめ

終活ムービーはお葬式でも流すことが可能です。

最期を迎えるまで、後悔を残すことなくより良い人生を

歩んで欲しいと心から願っております。

終活ムービーに伝えたい想いを動画にして

残しませんか?

オーダーメイドの動画作成

「終活ムービーを残したいけど自分ではできない!」

「編集の仕方がわからない!」

「急ぎで作りたい!」

などご自身で作成が難しい場合は、

オーダーメイドまでご相談ください。

➤ご依頼はこちらから

▼お墓の手配はこちら▼

0669919224

無料相談フォーム

pagetop

pagetop