披露宴の余興を頼む時は友人には3ヶ月前に伝えるのがベスト!|プロポーズムービー・バースデームービー・終活ムービー・結婚式余興ムービー・その他ムービー制作のことは大阪の映像制作会社ORDERMADE(オーダーメイド)へ

0669919224

結婚式ムービー・終活ムービーは大阪のオーダーメイド

動画情報ブログ

披露宴の余興を頼む時は友人には3ヶ月前に伝えるのがベスト!

2020.12.06

余興結婚式

結婚式をすることになり、披露宴を盛り上げるために

余興を取り入れたいと思ったけど、いつ、どんな風に友人に頼んだらいいのか分からない!

という方に今からご紹介する記事を参考にしてみてください。

友人への余興の頼み方

 

 

 

 

 

 

礼儀として、まずは結婚することの報告からはいります。

そして、食事などにお誘いし直接余興をお願いします。

そうすることで、快く引き受けてくれやすくなります。

 

披露宴の余興は頼まれた側は、仕事をしながら休みの日や空いた時間などに

打ち合わせや準備、練習など全ては新郎新婦様の披露宴を盛り上げるために時間を割いてくれます。

 

余興を頼むということは信頼関係があってこそだと思うので、

きちんと直接会って頼んでみましょう。

どうしても会えない時は直接電話をかけて、お願いしてみましょう。

 

OKをもらえたら、改めて招待状を送る時に一言「余興お願いします」「余興楽しみにしています」など

添えることで、誠意が伝わります。

 

披露宴の余興はいつ頼めばいいのか

 

 

 

 

 

 

結婚式の招待状はだいたい2か月前より送ります。

なのでそれより前が良く、3ヶ月前であれば頼まれた友人も余裕をもって準備する時間ができます。

 

余興の内容によっては、準備するものやグループでの練習など相当時間がかかるものもあります。

また、直前になって友人に頼むと断られる確率も高くなってしまいます。

早めに頼むことで断られてもまた別の方に頼むかもしくは別の余興を考えることもできます。

 

余興の希望やしてほしくないことは前もって伝える

サプライズで当日まで楽しみにされる方以外は、前もってしてほしいことや

してほしくないことは伝えておきましょう。

 

希望を伝えるときは友人に無理のない程度に希望を伝えましょう。

親族や会社関係の方がいるので下ネタはNGなど後からトラブルにならない為に最初に伝えましょう。

新郎新婦から注意事項など予め伝えておく

余興をしてくれる友人には

予め伝えておかないといけないことがいくつかあります。

 

①余興担当プランナーの名前と連絡先

式場には余興担当のプランナーがいますので、連絡先を伝えておくと

直接やり取りしてもらえます。

 

②会場設備について

スクリーンのサイズや音響設備、待機場所や着替えのスペース

余興を披露する場所なども予め確認して伝えておくことで

余興のできることが変わりますので早めに伝えておきましょう。

 

③当日の流れについて

当日、どのタイミングで余興をするのか、別の方の余興の内容、余興の持ち時間など

こちらも最初に伝えておきましょう。

 

余興の費用負担について

余興の費用は新郎新婦側で負担する場合、あとからトラブルにならないように

予め予算を決めておくことをおすすめします。

また、打ち合わせ代など細かい部分もどこまで負担できるのかも

きちんと決めておきましょう。

まとめ

・結婚式の余興を友人に頼むなら早めに余裕をもって式当日の3ヶ月前からがベスト!

・頼むときは、直接あって頼む。できない場合は電話でお願いする。

・余興に希望などがある場合は予め伝えておく。

・余興担当プランナーの名前や連絡先、会場設備など細かいことも伝える。

・費用も予めトラブルを避ける為伝えておく

 

一生に一度の結婚式だからこそお互いに気持ちよく式を迎えられるように

誠意をもって友人に頼みましょう。

 

関連記事:➤ZOOMを使った新しい結婚式余興ムービー

結婚式披露宴(余興・サプライズ)で使用するおすすめBGMの定番曲

思い出の地を巡る余興動画の作り方|オーダーメイド

 

オーダーメイドでは結婚式の余興ムービーを作成しております。

ご相談やお問い合わせはお気軽にご連絡ください。

➤「ご依頼はこちらから


0669919224

無料相談フォーム

pagetop

pagetop