結婚式に両親への手紙をムービーに作成する手順|サンクスムービー制作は大阪の映像制作会社ORDERMADE(オーダーメイド)へ

0669919224

結婚式ムービー・終活ムービーは大阪のオーダーメイド

動画情報ブログ

結婚式に両親への手紙をムービーに作成する手順

2020.02.12

サンクスムービー

結婚式の終盤に新婦が両親へこれまでの感謝の気持ちを手紙にして読む演出があります。

 

しかし、みんなの前で読むのは少し恥ずかしかったり、涙で読めなくなったりしたらどうしよう…と思ったことはありませんか?

 

そんな方の為に、これから「サンクスムービー」の作り方をご紹介します。

 

 

サンクスムービーとは?

サンクスムービーとは、結婚式で両親に向けて作られる動画のことです。

 

写真や文章をBGMにのせて流し、感謝の気持ちを伝える感動的な演出のひとつです。

サンクスムービーの作成手順

まずは、用意するものをご紹介します。

 

①両親への手紙

②使用する写真

③BGM

 

①両親への手紙の内容は、産まれてから今日に至るまでの思い出に残っている話を織り交ぜながら書いていくと感動的な手紙を作成することができます。

 

②使用する写真は幼少期の写真をメインに20~30枚程用意します。

 

③BGMは両親や感謝の気持ちに関連したBGMを選ぶことをおすすめします。

写真選びのポイント

①出産直後の写真、七五三、入学式などイベントごとの写真を入れる

 

②些細な日常の写真をいれる

 

③見やすい写真を選び、暗い写真やぼけている写真などは避けましょう。

写真の表示時間

写真の枚数により表示する時間は異なります。

サンクスムービーの場合は、1枚当たりの表示時間を7秒から10秒以内にしましょう。

 

表示時間が切り替わるのが早すぎると、あわただしくなり見ている方がせわしなく感じる為です。

手紙の内容表示

手紙の内容を表示する際は、文字数が多すぎたり、文字が大きすぎたり背景の写真と文字の色がかぶらないように注意しましょう。

 

写真1枚に対し文字の表示目安は1行または2行を目安に、文字数は15文字から20文字程度を目安にしましょう。

 

準備ができたら、あとは作成していくだけです

 

サンクスムービーの構成は、冒頭挨拶、思い出写真、締めの挨拶という非常にシンプルな構成となります。

サンクスムービーの構成

 

(例)

【冒頭挨拶】

両親への想いを伝える為、動画にしたものを流すお時間を少しください」

 

【思い出写真】

両親との思い出のお写真を流しながら手紙の内容も合わせて表示していきます。

 

【締めの挨拶】

「今日まで大切に育ててくれてありがとう2人のような幸せな家庭を作っていきますこれからもよろしくね」などで締めると良いですね!

 

 

結婚式の余興やサプライズムービー作成時に式場に確認することは?

まとめ

結婚式のサンクスムービーは、今まで伝えることができなかった気持ちを素直に伝えることができる素敵な演出です。

 

作成構成に気を付けながら、素敵なムービーを作ってみてください。

オーダーメイドの動画作成

 

「ムービーを作る時間がない」

「自分で編集できない」

「作れる自信がない」

 

などご自身での作成が難しい場合は、オーダーメイドまでご相談くださいませ。

 

LINEで簡単に問合せできます!

➤「ご依頼はこちらから

 

 

▼素敵なスピーチの作成はこちらから▼

0669919224

無料相談フォーム

pagetop

pagetop