結婚式オープニングムービーをテラスハウス風にする作り方|プロポーズムービー・バースデームービー・終活ムービー・結婚式余興ムービー・その他ムービー制作のことは大阪の映像制作会社ORDERMADE(オーダーメイド)へ

0669919224

結婚式ムービー・終活ムービーは大阪のオーダーメイド

動画情報ブログ

結婚式オープニングムービーをテラスハウス風にする作り方

2021.03.24

オープニング結婚式

結婚式のオープニングムービーの中で、

今回は大人気の「テラスハウス風ムービー」の作り方を

撮影時の注意点と構成について合わせてご紹介します。

 

作成前に確認すること

こちら「テラスハウス」の音楽は、

「別れた彼氏と絶対に二度とよりを戻さない」という曲なんです。

 

なので、式場さん側からは「本当にいいんですか?」と聞かれることもあります。

実際「そんなことは気にしません!」という方だけ使用してくださいね!

 

またこちらの音楽は著作権申請ができない音楽となっているので、

使用する場合はDVDに音源の挿入ができません。

 

事前に使用可能かどうか式場さんに必ずご確認をお願い致します。

 

確認が取れたうえで作成に入りましょう。

撮影時の注意やコツ

【撮影時の注意点】

最近はスマホで撮影が手軽にできるようになりました。

スマホでの撮影時に気を付けることがいくつかあります。

 

①スマホ(iphone)のカメラ設定をします。

「設定→カメラ」から

・フォーマットを互換優先にする

・ビデオ撮影を1080p/60fps

 

②スマホ三脚を使用する

三脚 スマホ三脚 リモコン付き ビデオカメラ 一眼レフカメラ ミニ三脚 さんきゃく 3WAY雲台 4段階伸縮 360回転 収納袋付きiPhone/Android スマホ等対応…

新品価格
¥2,499から
(2021/3/24 13:12時点)

三脚があると手振れがなくなり、一人でも固定して撮影できます。

ない場合は、両手でしっかり持ちながら撮影をします。

 

③撮影時はスマホを横向きにして撮影します。

 

撮影時のコツ

①撮影素材は1秒動画をたくさんとること

②二人の普段の生活の様子を撮影する

③仕事の様子をとれるとベスト

④色んな角度からの撮影

⑤カメラ目線はしないようにする

⑥車に乗り込むシーンはあるとおしゃれ

 

編集

素材を撮り終えたらあとは、編集にはります。

編集はとてもかんたんで、音楽のリズムに合わせて

切って繋げていくだけです。

 

構成

①イントロ

ここの部分は白背景にして、テロップのみ挿入します。

 

(例)

・20××年〇月〇日

・〇〇で出会い

・その後お付き合いがスタート

 

②Aメロ1

新郎新婦自己紹介

 

③Aメロ2

幼少期の写真または、動画

 

③Bメロ1~2

撮影した風景などの動画

 

④サビ1(1回目のWe are never~)

新郎の動画(8カット)

 

⑤サビ2(2回目のWe are never~)

新婦の動画(8カット)

 

⑥サビ3(You go talk~)

2人の動画(8カット)

 

⑦サビ4(But We are ~)

2人の動画(6カット)からテラハ風で名前ロゴ

 

⑧間奏(Like ever~)

撮影した入場口をバックにFan to drive forever風ロゴ

→(例)「FUN TO LOVE FOEVER」

入場

 

もしくは、入場口が撮れなかった場合は、

車で話しているシーンなどをバックにロゴを入れて、

フェードアウトからのカウントダウンで入場。

まとめ

テラスハウス風のオープニングムービーは、

素材集めが大変ですが、集めてしまえば作成はとても簡単にできます。

 

おしゃれで少しクスっと笑えるような入場をされたい方にお勧めです。

 

自分たちで作成はできないという方には、オーダーメイドまでご依頼ください。

 

オーダーメイドのオープニング動画作成

オーダーメイドでは、結婚のオープニングムービーを作成しています。

撮影された動画やお写真をご提出して頂き

構成をお聞かせいただくことで作成が可能です。

 

➤「ご依頼はこちらから

 

0669919224

無料相談フォーム

pagetop

pagetop